施工例
松田内科消化器内科[浜松市]長い庇が作り出す陰影の表情


堀部安嗣建築設計事務所の設計による建物の施工をおこないました。
コンクリート打ちっぱなしの塀、杉板張りと漆喰塗りの外壁、寄せ棟の屋根、長い庇のあるエントランス…看板がなければ、およそ診療所とは思えない外観です。
エントランスをくぐり中へ進むと桐の天井と壁に包まれ、木のぬくもりに心癒されます。 待合室は、中庭を望む大きな窓、座り心地のよさそうなチェアが配置され、まるで高級旅館にでもいるような趣で居心地の良い空間になっています。 診察スペースは機能優先ながらもスタッフの動線、患者の動線に配慮したつくりになっています。

設計:堀部安嗣建築設計事務所 https://horibe-aa.jp/